2012年04月30日

ペルシャの市場にて(ケテルビー)その1

今回混声定期(オケのみ)と小学校公演で演奏します

この曲は結構聴き馴染みのある曲なのですが
作曲者のケテルビーに関してはあまり知られていません

上記リンクによると20世紀の初頭にサイレント映画の
音楽で成功し、いわば現在に繋がる商業音楽の草創期を
築いた作曲家の一人と言えます

この「ペルシャの市場にて」もその路線で作られ
作曲当初は編成にホルンがなくサックスが入っていたりして
ある意味映画音楽の延長線上の作り方になっています
(ラジオ放送の穴埋めのために作曲されたという説がある)

ケテルビーは他にも「中国寺院の庭にて」や
「日本の屏風から」「エジプトの秘境にて」など
色々な描写曲を作っていますが、この曲が群を抜いて
有名です。全体的に東洋趣味を前面に出しています。
(#「日本の屏風から」は聴いてみたいような・・・)

本題へ戻りまして
この曲にはシーンに応じた副題がありまして

「ラクダを牽いた隊商がやってくる」〜「物乞いたち」〜
「王女の到来」〜「奇術師」〜「蛇使い」〜「太守のお通り」〜
「物乞いたち」〜「王女の出発」〜「隊商の出発」〜
「遠ざかる王女」〜「もとの静けさに戻る」

まさにその副題通りのメロディが現れます
「浮浪者たち」の所ではVnのパート譜に歌の楽譜が
書いてあり、男性奏者が歌うこととされています
(歌わない演奏もあります)

その歌詞については「その2」へ続きます
 
posted by トトロ △◎/ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

グロリア(ヴィヴァルディ)

久々に曲目紹介です

6月17日の加東混声合唱団第6回定期演奏会で
加東フィルと合同演奏する曲目は
ヴィヴァルディのグロリアです。

4/28の練習でも話題になっていたのですが
最近男性用カツラ(育毛?)のTV−CMに
使われていて耳にする機会が増えた曲です
どこの会社のCMだったのか調べるのが面倒でしたのでやめました(^^;)

それはさておき

ヴィヴァルディの作品は華やかな印象が
あるので宮廷音楽家と勝手に思っていたのですが
上記リンクによると聖職者としてキャリアを積まれたということで
このグロリアも少女孤児院勤務時代に作られたものだそうです

この曲は長く忘れ去られていて20世紀に入ってから
再発見されたということもあり作曲の経緯などは
よくわからないとの事です。

普通に考えればミサ曲の場合

『キリエ』(求憐誦)
『グロリア』(天には神に栄光)
『クレド』(信仰宣言)
『サンクトゥス』(感謝の賛歌)
『アニュス・デイ』(神の小羊)の5曲

上記5つの部分から成り立っています

その中のグロリアということであれば
長大なミサ曲の一部ということになります
ただ、省略版のミサ曲もあるそうなので
真のところは分かりませんね(^^;)

その意味では「四季」や数々の協奏曲で有名な
ヴィヴァルディ本来の姿が垣間見れる作品と言えます

ところで

この曲は管楽器の出演者数が少ないので
ステマネ的には楽なのですが
状況が許すのであれば来年こそは大編成の曲を
お願いしたいところです(^^;)
 
posted by トトロ △◎/ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

練習日記(2012.04.28)

ゴールデンウイーク初日の朝で天気も非常に良かったので
楽器を演奏するよりも外でBBQといきたいところでしたが
合宿まで楽しみは置いておきましょう(^^;)

今日の練習では男声合唱がいささか寂しく(謎)
そのせいか入りそこねるわ、歌詞を間違えるわで
中途半端になりました(__;)

指摘事項としてはメロディを朗々と弾きすぎて
遅れる傾向があるので「筋肉質で行きましょう」
との事でした

小学校公演の曲目も練習メニューに加わりましたので
色々な曲が出てくるので頭の切り替えが大変だと
思いますが、ご準備の程お願いします。

次回の練習は5月12日です。
業務連絡として
5月19日に弦楽器のみの練習を行いますので
ご注意願います。
(時間は通常のAM9:45〜12:00でLOCホールです)
posted by トトロ △◎/ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

練習日記(2012.04.21)

前回の練習から2週間経過すると今年の桜は終わっていました
そういう訳で先週土曜日の外出のついでに撮影しました(^^;)

DVC00196.jpg

一昨日(19日)は東条コスミックホールで
「佐渡裕&兵庫芸術文化センター管弦楽団特別演奏会」があり
当団メンバーも多数聴きに来ていました。
今回は佐渡裕氏の影響なのか団員の関心が高いように思われました。

今日の練習では効果的に決めるべきクレッシェンドのために
その直前の弓の運びを注意が必要との指摘がありました
管楽器の音量に頼らないようにするためにも
弓の動きは大切だと思います。

残念なお知らせとして
今年は6月に混声定期と小学校公演があるため
恒例の有志BBQ大会は行われない事となりました(−−;)

次回の練習は28日(土)です
小学校公演の曲目も練習しますので楽譜の用意をお忘れなく。
(団員に配布のスケジュール表を参照下さい)
 
posted by トトロ △◎/ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

練習日記(2012.04.07)

DVC00188.jpg

DVC00186.jpg

2008年より毎年4月最初の練習日記のネタは
本拠地やしろ国際学習塾の桜と決めていましたのですが
今日の練習時点ではまだ咲いていませんでした

過去ログの写真(各リンク先)によると
2008年(4/5 8分咲き)
2009年(4/11 満開)
2010年(4/10 散り始め)
2011年(4/2未開花、4/9満開)

今年は開花が遅いことが分かります
まだ春は名ばかり・・・というところです

6月の混声定演のパンフレットが出来上がりまして
本日はとりあえず1枚ずつ配布されましたが
加東文化振興財団が「財団法人」から「公益財団法人」に
変わっているのに気付きましたでしょうか?(^^;)
(パンフレットは後ほどHPにも掲載します)

国の公益法人制度改革の関係で従来の
「財団法人」から「公益財団法人」に移行できないと
大変なことになるそうで(詳細は割愛)その移行準備のため
吉沢先生もここ最近多忙であったそうです。

ともかく、新曲の配布あり、副団長の天然発言あり、
打楽器の一人3〜4役あり、歌声ありで加東フィルの
平成24年度がスタートしました。(^^;)
(要約しすぎ)

次回の練習は21日(土)です
都合により第2土曜日ではありませんのでご注意下さい
 
posted by トトロ △◎/ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする