2012年10月31日

「音楽の日 in 加東」放映予定

9/30の「音楽の日 in 加東」の模様が
加東市ケーブルテレビで放映されます

放映予定(参考:加東市広報11月号)
11月12日(月) 午前(6時〜12時)、夜間(18時〜24時)
11月13日(火) 午後(12時〜18時)
11月14日(水) 午前(6時〜12時)、夜間(18時〜24時)

例のごとく録画をお願いいたします m(_ _;)m

加東市広報11月号(22ページ)にも紹介されています
http://www.city.kato.lg.jp/pub/pub1211/17p.pdf
(H24.12.16 リンク先URL改訂)

当イベントの主役を差し置いて私どものアンサンブルが
広報に紹介されて非常に恐縮です m(_ _;)m
 
 
posted by トトロ △◎/ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 加東市地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

練習日記(2012.10.27)

先週、滝野東小学校の演奏会が終わってやれやれと
思っていましたが、気が付けばあと3週間で定演本番です(^^;)

本番が近くなりまして、次第に熱の入った練習になりました。
今日の主な指摘点としては

「白鳥の湖」
メロディを弾いているときに「どの地点に向かって弾いているのか」を
意識して演奏するようにとの事でした。
練習では旋律パートに対して指摘されていましたが
伴奏も「どこに向かっているのか」を意識する必要があると思います

「コッペリア」では楽譜にかじりつかないよう楽譜を伏せて
見えないようにして1フレーズだけ合奏しました。
8割方憶えているときにこの練習をして、どこを憶えているのか
どこが憶えられていないのかを確認するのが良いとの事でした

「スラヴ舞曲」
空気の層で「もやっ」となりやすいので16分音符の刻みをハッキリと
演奏するようにとの事でした。

「モルダウ」
最初からVysehrad(高い城)の前までは「水上からの視点」で
曲が描かれているが、Vysehrad(高い城)からは視点が高くなり、
俯瞰してしるようなイメージの違いを意識して演奏するようにとの事でした

他にも色々ありましたが、演奏会に向けて演奏技術だけでなく
運営や集客にも頑張って行きましょう (^^;)

次回の練習は11月3日(文化の日)です
いつもより終了時間が30分延長になり12:30までの
練習になりますので予めご了承下さい。

(10/28追記)
11/3の練習の最初30分は弦楽器のみの練習になります
管・打楽器は10時15分開始でお願いします
posted by トトロ △◎/ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

滝野東小学校訪問演奏会

本日は滝野東小学校での演奏会でした
前回の三草小学校とは規模が全く違いまして
42人編成ではオケが小さく見えます (^^;)
(規模は社小学校と同じくらい、あるいはそれ以上かな?)

con001.jpg
(撮影協力: 加東文化振興財団

小学校訪問演奏会の司会はもちろんCBのY君
子供たちの反応も上々です グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
con002b.jpg

昨年の社小学校の時とは日付が1日違うだけでしたが
昨年は蒸し暑くて困ったのとは違い、今年はとても良い天気で
気持ちよく演奏ができました。
(#「少し寒かった」というのは贅沢かな!?)

con003.jpg

今回の目玉!!
9月15日の練習日記に書きました「秘密の楽器」は
↓ の大きな目覚まし時計 時計 の事でして
シンコペーテッド・クロック(狂った時計)の曲で使いました

con004.jpg

この大きな目覚まし時計は、HrのTTさんがネットオークションで
入手したものをご自身で遠隔操作ができるよう改造したものです。
単にベルが鳴るだけではないのですが、どのようになるのかは
またの機会に披露したいと思います (^^;)

もう一つの目玉は、今回の滝野東小学校はCBのKさんの
お子様がこの小学校に通ってまして、その紹介がありました。
文化振興財団のバイオリン教室に通っていますので
将来は当団のメンバーとして参加頂けることを期待しています
(昨年だったらHrのTKさんのお子様も在校していたのですが・・・)

演奏会の最後はオケの伴奏で「ふるさと」を全員で歌いました

con005.jpg

そして花束まで頂戴しましてありがとうございました。
(別にねだっている訳ではありません ;^^)

con006.jpg

演奏会後は控室で昼食会をしまして無事
小学校訪問演奏会は終了しました
でも、当団の定期演奏会まで1ヶ月を切りましたので
これからが定演本番に向けたラストスパートになります

次回の練習は27日(土)です
posted by トトロ △◎/ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

スラヴ舞曲第10番(ドヴォルザーク)

今回の定期演奏会の曲目紹介もこれで一巡します

このスラヴ舞曲ですが、そもそも「スラヴ」とは何ぞや?
から始めたいと思います
間違っても「スラブ軌道」のスラブでも「床スラブ」のスラブでも
ましてや製鉄所の鋼鉄の半製品状態でもありません (^^;)

ブラームスの「ハンガリー舞曲」でしたら
ハンガリーという具体的な国があるのですが
このスラヴというのは結構広い範囲を指しておりまして
参考サイトによると、東はロシアウクライナベラルーシ(白ロシア)
西はチェコスロバキアポーランド、南はクロアチア
セルビアブルガリアにまたがりますので訳が分からなくなります

ユーゴスラビアという国名も、スロバキアという国名も
両方とも「スラヴ」に由来しているのはそういう訳なのですね

スラヴ人としての繋がりを示すエピソードとして、
チャイコフスキーの作品に「スラヴ行進曲」がありますが
この曲はオスマン帝国(現在のトルコ)によるセルビアへの攻撃で
多くのスラヴ人が犠牲となった事件に対し同じスラヴ系である
ロシア人として追悼を捧げるために作曲された事が挙げられます

話が飛びました (^^;)

この「スラヴ舞曲」はドヴォルザークの作曲なので
ロシアなどの東スラヴでもなく、セルビアなどの南スラヴでもなく
チェコ(ボヘミア)の舞曲を第1番から第8番までの第1集(作品46)
では主に用いられていますが、第10番の含まれる第2集(作品72)
については他のスラヴ地域の舞曲も含まれているそうですが、
今回の第10番は参考リンクに特段の注釈がありませんでしたので
ボヘミアのものだと思われます

曲名はそれほど知られていなくても、聴いてみると
聞き覚えのある曲だと思います。それだけに今回の第10番は
Vnに高い音がかなりの頻度で出てきますので弦楽器にとって
大変な曲だと思います。

第1集・第2集あわせて16曲とも親しみやすく、1曲あたりの
時間も短い(4分〜7分)なので、他の曲も聴いてみると
面白いと思います。
posted by トトロ △◎/ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

練習日記(2012.10.13)

近頃、朝晩冷えるようになりまして体調管理が
難しい季節となりました。
来週は滝野東小学校の訪問演奏会なので
風邪をひかないように注意しましょう (^^;)

今日の練習ではモルダウのホルンパートを一部
組み替え、1stを2人で吹くことにしました。
1stを一人でというのは体力的に厳しいことを
近年痛感させられまして・・・(;−−)

とにかくこのシステムが機能しそうな目処が
立ちまして何よりでした (;^^)

合奏での指摘事項としては

同じ「出来ていない」でも

 「出来ていないことが分かっているけど今は技術的に出来ない」

 「出来ていないことが分かっていない」
とでは

2回目・3回目と回数を重ねていくにつれて
差がついてくるとの事でした。

普段、意外とテキト〜に演奏している私には
耳の痛い話でした (^^;)

それはさておき

冒頭にも書きましたが次週21日(日曜日)は
滝野東小学校での訪問演奏会です。

楽器運搬のご協力をお願いしている方と
乗り合わせを希望されている方は
やしろ国際学習塾に午前9:15集合、
それ以外の方は現地に午前9:45集合でお願いします


posted by トトロ △◎/ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

「コッペリア」より序奏とマズルカ(ドリーブ)

今回の定期演奏会では何年かぶりに
レオ・ドリーブの「コッペリア」を取り上げます

よく考えるとレオ・ドリーブの作品で思い当たるのは
「シルヴィア」と「コッペリア」の2曲だけで、その両方とも
バレエ音楽ということで経歴をみると、他に歌劇は数曲
作曲しているものの、交響曲は作曲していないようです。

話のあらすじはリンク先を参照して頂くとして 
それでも簡単に説明すると (#おいおい)

「コッペリア」とはコッペリウス博士の作った少女の姿をした
からくり人形の事で、そのコッペリアがあまりにも可憐な姿で
人間と見間違えられたために起きた騒動の顛末

・・・今回も3行で済んだ (^^;)

演奏面では最初、弱音のティンパニロールに続いて
ホルン四重奏による序奏が始まります

aP1010583.jpg

写真はホルンのパート譜で、上側が1番・2番、下側が3番・4番なのですが
注目して頂きたいのは、題名と楽譜の間の一行でして

1番・2番ホルンの楽譜には
 1er. et 2e. CORS en RE

3番・4番ホルンの楽譜には
 3e. et 4e. CORS, a Pistons, en MI (ナチュラル記号)

と書かれています
(なお、アクサンテギュアクサングラーヴの表示は省略しています)

つまり、1番・2番ホルンはバルブの付いていないナチュラルホルン
3番・4番はバルブの付いたホルンという指定です
もちろん現在は1番・2番パートもナチュラルホルンではなく
バルブ付のホルンで演奏されます

ちなみに下の写真はピストンバルブによる
フランス式のホルン (COR a Pistons) です(調性はB♭)
aP1010584.jpg
(#筆者所有品 ;^^)

ナチュラルホルンについて詳しくは
リンク先の「ナチュラルホルン」の項を参照するとして

この曲が作曲された19世紀後半には既にバルブ付の
ホルンが演奏家の間で広く使われていました。

しかしながら、フランスではナチュラルホルンも
使われていたようで、ドリーブ以外にもサン=サーンスの
作品にもナチュラルホルンとバルブ式ホルンを併用する
書き方が見られます。

今回の演奏曲目のうちモーツァルトを除いては
ほぼ同時代の作品ですが、他の曲はバルブ付の
ホルンであることが前提で作曲されています。
(定演の曲目については9/8の日記を参照)

ともかく、私にとってはかなり緊張を強いられる曲で
あることには違いありません (^^;)

曲の解説なのか、楽器の解説なのか
よくわからない文章になりました m(_ _;)m
 
posted by トトロ △◎/ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木管五重奏にホルンが含まれるのはなぜ?

「音楽の日 in 加東」で私を含む木管アンサンブルの模様は
既に記事として書いていますが、演奏会にご来場された方より標記
趣旨の質問が寄せられていたそうです。

本件についてネット上ではすでに色々な回答があります
一番代表的な回答としてヤマハの「楽器解体全書PLUS」より
http://www.yamaha.co.jp/plus/horn/trivia/?ln=ja&id=107011

要約すると、古典派(ハイドン・モーツァルト)の頃
ホルンは他の木管楽器と一緒に演奏する機会が多く
トランペットやトロンボーンとも使われ方が違っていた
・・・ということです。

これはこれで間違いないのですが、元々の質問に対する答えとしては
少し説明が足りないような気がします

フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルン 各1本による
アンサンブルのことをドイツ語圏では「管楽五重奏(Blaserquintet)」
という呼び方をします

しかしながら、20世紀に入りブラスバンド(吹奏楽ではなく金管バンド)が
盛んなイギリスや吹奏楽が盛んなアメリカを中心に金管楽器による
アンサンブルとしての「金管五重奏(Brass quintet)」が広まるとともに、
区別するために「管楽五重奏」は「木管五重奏(Wood wind quintet)」と
呼ばれるようになり、日本でも英米式の呼び方が定着したものと思われます

ですから

木管五重奏」について正しくは「管楽五重奏」だが
「金管五重奏」と区別するために「木管五重奏」と呼んでいる

楽器の種類についてはベートーベンの頃までのオーケストラで
よく使われている管楽器によるアンサンブルであるが
トランペットやトロンボーンはオーケストラ内での使われ方が
他の木管楽器と違うためにホルンだけが木管アンサンブルに
組み込まれているように見える

こういうところでよろしいでしょうか? (^^;)

もう一つ「**五重奏」の呼び方で難しいのは・・・

モーツァルトのK581は「クラリネット五重奏曲」と呼ばれています
でも、5本のクラリネットによる曲ではなく
クラリネットと弦楽四部による5重奏です (^^;)

この点についての考察はまた別の機会に書きたいと思います(?)
posted by トトロ △◎/ at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

練習日記(2012.10.06)

DVC00231.jpg

ちょうど稲穂が実る頃に加東市の市花”コスモス”も
見頃を迎えます。やしろ国際学習塾駐車場のコスモスも
満開になりました。

ちょうどこの3連休は地域の祭りの所も多く
内心参加者が少ないのではないか心配でした。

午前中の練習ということもあり影響は思ったより
少なかったものの、Va・Cbが一人もいないと
結構寂しく感じられました。

今日の練習ポイントとしては「フィガロの結婚」で
楽譜に書かれていない表情の付け方・・・
  盛り上げて、さっと引く
  微妙にテンポを速める
  p(ピアノ)でも活き活きと
それに気を付けるだけでも演奏がかなり変わったように思います。

次回の練習は13日(土)です
小学校訪問演奏会の曲の練習があると思います
準備の程宜しくお願いします
 
posted by トトロ △◎/ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする