2014年04月29日

レクイエム K.626(モーツァルト)

今回、加東混声合唱団との合同演奏では
モーツァルト「レクイエム」より「レクイエム・エテルナム」と
「キリエ」の最初2曲を取り上げます。
(「ファンタジア・四季」も保科先生による一部改訂があります)

当団にとりましては2000年11月の旧やしろフィル
デビュー演奏会で全曲を演奏していまして
その後にも一度抜粋で演奏したような記憶があるのですが
今は思い出せませんので、改めて調べておきたいと思います

例によって通り一遍の解説はリンク先に任せることにして(^^;)

「鎮魂歌」という意味で作られたものが多いのですが
モーツァルトの場合はカトリックに由来しているので
死者を弔うためのミサの形式に従って作られています
そのため歌詞がラテン語になっています

ラテン語というと日本人に馴染みはないのですが
生物の学名や化学の元素記号にもラテン語が関係していて
例えば、金(Gold)の元素記号が「Au」なのも
ラテン語で「Aurum」と書くことに由来している訳です

いつもながら曲目解説になっていない (;^^)
posted by トトロ △◎/ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

練習日記(2014.04.26)

aDSC_0540.jpg

今日は舞台を下げて練習を行いました
写真はモーツァルト・レクイエムの時のためホルンと
一部木管が退出しています

速いところをゆっくりしたテンポで練習するときに
なぜか速くなろうとするとの注意がありました

あとはtrbのミュートが落ちる連鎖があったり
キツイ曲が続いたり色々でしたが普段通りの練習でした(^^;)
あと、次回の練習よりホルンの位置を変えてみることに
なるかも知れません。
参考までに昔の当団演奏会の写真のリンクを挙げておきます
現在のようにホルンが下手側に変わったのは2007年から
ということが分かると思います。
オケだけの時はホルンが上手側でも良かったのですが
合唱と一緒の時にスペースの問題もありまして
旧やしろフィル時代より合唱と一緒の時はホルンが
下手側ということにしていたのですが、そのうちに
演奏会ごとに上手・下手が変わるのが面倒になって(^^;)
下手側に固定となったように記憶しています
(吉澤先生の指示ということではなく当方の都合だったと思います)

次回5/10の練習は同日夕方に関西フィルの
演奏会が東条で催されるため当団練習の時間が
午後1:30〜4:30になります。ご注意下さい。
この演奏会については神戸新聞でも紹介されています
の時にobで客演頂きました先生が神戸新聞の
インタビューを受けられていました
ともかく次回練習後は東条コスミックホールへ向かいましょう
posted by トトロ △◎/ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

練習日記(2014.04.19)

最近の練習では11月の当団定演のメイン曲を部分的に
練習してから6月の混声定演の曲目に取り組んでいます

これまでの11月メイン曲の練習では曲の冒頭部分だけでしたが
次回の練習より範囲が広がるようなので準備のほどお願いします

6月の混声定演ではリンク先のパンフレットには紹介されて
いませんが、モーツァルトの「レクイエム」(抜粋)を取り上げます
「レクイエム」は当団のデビュー演奏会で全曲が演奏されましたが
今回加東フィルに変わってから初めて(?)取り上げます

・・・ですが、この曲はFl/Ob/Hr は降り番でして
この曲にまとまって練習時間が取られたため、別室で
練習することになりました。

次回練習は26日(土)です
posted by トトロ △◎/ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

練習日記(2014.04.05)

前回日記の予想通り桜は見頃になりましたが
「早春賦」の歌詞にある「春は名のみの 風の寒さや」のような日和でした。

20140405_n1.jpg
2階ロビーから正面玄関前の桜を望む

20140405_n2.jpg 20140405_n3.jpg
2階ホール下手外側の窓(西向き)から外を望む(2枚共)

ちょうど西向き窓のすぐそばに桜の木がありまして
手を伸ばせば届くところに花が咲いていまして
ここが吉澤先生のお気に入りとの事です

話は代わりまして、詳細をここで書くのは差し控えますが
世の無常を感じる出来事がありまして、ご当人にとりまして
辛いこととは存じますが、少しでも当団の音楽活動が
心の支えとしてお役に立てれば幸いに存じます。

色々とありましたが、今日の練習のポイントは
「強い意志を持って p(ピアノ)で入る」 でした

弱音のところは弱く入ろうとして
ヘナチョコな音にならないよう注意したいところです

ここで業務連絡です
だいぶ先の話になりますが、12/13(土)に今年も
嬉野台生涯教育センターでの訪問演奏会が決まりました
ご予定の程宜しくお願いいたします

次回練習は19日(土)です

posted by トトロ △◎/ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする