2013年08月14日

歌劇「アウリスのイフィゲニア」序曲(グルック)

この時期夏休みの自由研究ということで
この曲の曲目紹介をしてみます(^^;)
(PCのトラブルで途中まで書きかけた文書が消えてショックを受けてます)

作曲者のグルックはJ.S.バッハとモーツァルトの間ぐらいの
時期に活躍した作曲家でして、今回この曲は後にワーグナーに
よって編曲されたバージョン
で演奏します。

この歌劇は「トロイア戦争」というギリシャ神話上の
戦争における一つのエピソードを題材としています

戦争のいきさつはともかく、トロイアを征伐するアカイア軍の
総大将・アガメムノンの娘が題名の「イフィゲニア」です。
この物語は、預言者カルカスの進言により実の娘である
イフィゲニアを生贄に差し出さなければならなくなり、
本人を含め周囲の人々の嘆きと苦悩が描かれている話です。
参考サイトによると「アウリス」は地名だと思われます)

さて、イフィゲニアの運命はいかに・・・・

続きはこちら


posted by トトロ △◎/ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック