2014年03月05日

スプリングコンサート日記(2014.03.02)〜その2 演奏会編

今回のスプリングコンサートでは昨年10月に開催された
第24回日本木管コンクールのクラリネット部門優勝者
西川智也さんの演奏でした
DSC_1712a.jpg
写真提供:(公財)加東文化振興財団

曲目は
1.「春の海」(宮城道雄作曲)
2.Clソナタ第2番(ブラームス作曲)
アンコール:「亜麻色の髪の乙女」(ドビュッシー)
でした

素敵な演奏をありがとうございました

休憩をはさんで
第2部は加東フィルハーモニー管弦楽団の演奏でした

曲目は
1.ワルツ「春の声」(J.シュトラウスII)
2.歌劇「セビリアの理髪師」序曲(ロッシーニ)
3.ブルータンゴ(L.アンダーソン)
4.プリンク・プレンク・プランク(L.アンダーソン)
5.行進曲「ボギー大佐」(アルフォード)
6.歌劇「カヴァレリア・ルスティカ−ナ」より間奏曲(マスカーニ)
7.組曲「アルルの女」より「ファランドール」(ビゼー)
アンコール: 「天国と地獄」(オッフェンバック) 
でした

司会はTrbのHさん
DSC_1751a.jpg
写真提供:(公財)加東文化振興財団

かなり緊張されたとの事ですが、当団演奏会のMCは
2回目ということもあり、しっかりとした司会ぶりでした。

今回配布のプログラムに誤植がありまして
司会より誤植(「カヴァレリア・ルスティカーナ」の作曲者名と
加東混声合唱団の定期演奏会の実施日)の説明を致しました
ところが、本当はもう一箇所誤植がありまして
これについてもMCで触れるかどうか迷いましたが
作曲者名や開催日のように致命的な誤植ではないので
MCではスルーすることにしました

実は、プログラムの中で「アルルの女」を「歌劇」と書いていましたが
調べてみると「劇付随音楽」ということで通常は「『アルルの女』組曲」と
表記されます
(正確には 「アルルの女」第2組曲より「ファランドール」 となります)

参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%A5%B3

あと、4曲目の「プリンク・プレンク・プランク」では
思わぬ見せ場がありまして、コンサートをご覧頂けなかった方に
是非とも紹介したいところなのですが、諸般の事情により
もう暫くお待ち下さい・・・と思わせぶりな書き方をしてみる (^^;)

ともかくスプリングコンサートが無事に終わりまして
これから6月の混声合唱団定演と11月の当団定演に向けて
さらに頑張らなければと思う次第でした

次回の練習は29日になります
posted by トトロ △◎/ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック