2019年11月04日

練習日記(2019.11.02)

前回10/26の練習を所用により休みましたので
久々というか、あと定期演奏会まで1週間になりました。

文化の日近辺ということもあるのでしょうか
LOCホールでは有名人による講演を含むイベントが
ありました関係で大会議室での練習になりました

午前から午後にかけての練習でしたので
午後からの2曲通し練習では本番と同じ黒服という訳には
いきませんでしたが、ジャケットを着用して
少しでも本番に近いコンディションを想定して
臨んでみましたが、後でよく考えるとシャツの首元の
ボタンを開けたままでしたので意味無かったのかな? (^^;)

でも、腕周りの感覚は近いものがあったと思います。 (;^^)

以前の日記で「入り落ち」していた箇所は
ようやく克服出来ました 
(しかし、翌日のY先生によるレッスンではボロボロでした)

ともかく来週の定期演奏会に向けて最後の悪あがきをして
体調管理に努めたいと思います。

8日(金)は19:30より男性有志で舞台設営作業を行います
9日(土)は10:00より会場準備の後、11:00より合奏練習です
HP記載の開始時刻からは変更になっています。ご注意ください

posted by トトロ △◎/ at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

練習日記(2019.10.19)

10/11付記事の通り、先週12日の練習が中止となりました関係で
本日の練習は当初予定の弦分奏ではなく全体合奏となりました

今日の練習ではグレート冒頭8小節のHrについて
とある指摘を受けまして、その点に気を付けて演奏したところ
何かいい感じの演奏になったのですが、今日のHrパートは
私一人だけだったのです(−−;)
#これ以上はネタバレになるので定演後気が向いたら書きます

弦楽器に関しては、具体的に書けなくて申し訳ないですが
解放弦の響きを生かすことで速いパッセージでも要点の音を
しっかり弾くだけでそれらしく聴こえる・・・という趣旨の事でした

次回の練習は26日です




posted by トトロ △◎/ at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

10/12 練習中止のお知らせ


台風19号接近による暴風雨が予想されるため
明日10/12の加東フィルの合奏練習および
加東市バイオリン教室のレッスンは中止いたします

明日の練習中止に伴い、翌週10/19の練習は
当初予定の弦楽器分奏ではなく、全体合奏に変更いたします

ご注意ください
posted by トトロ △◎/ at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

練習日記(2019.10.05)

先週9/26は所用により休みましたので
久々の練習日記となりました
気が付けば定期演奏会まであと1ヶ月です

未だに「入り落ち」する所があるので
楽譜を見ながらCDを聴いたりするのですが
実際に演奏するときの聴こえ方はCDとはまた違うので
「あれ?」と思う間に通り過ぎてしまいます
・・・何とかしたいところです(−−;)
(数えれば良いのですが起点を間違えることがあります)

本日の指摘ポイントとしては
「休符の長さに注意」
速いパッセージに気を取られて休符が短くなると
その分詰まってしまい、更に速くなって
首を絞めることになります

業務連絡です
定期演奏会前日(11/9)の練習は
 AM10時〜 会場準備
 AM11時〜 合奏 となります

次回の練習は12日です

posted by トトロ △◎/ at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

交響曲第8番(シューベルト D 944)その3

その1その2 より続く

この曲のタイトルとしては「ハ長調」なのですが
第2楽章267小節目からの約60小節間と
第3楽章 Trio は#が3つの「イ長調」になります

勿論ハ長調の所でも臨時記号が付いて一時的に
別の調になるところもあるのですが、
楽譜の左端の音部記号(ト音記号・ヘ音記号・ハ音記号)の
隣に#や♭があると、その数の変化で推測が出来ます

あるいは移調楽器の場合は in C から in A に変わるなどの
形で推測が出来ます Cla や Trp は一部箇所で in A 表記の
譜面に変わります。

Cla の場合は第2楽章だけ in A の表記ですが♭3つから♭無しへ
第3楽章は in C の表記で#無しから#3つに変わるので
何がしたいのかな?と思ってしまいます (^^;)

で、Hr の場合はというと最初から最後まで in C 表記でして
転調するところでも Hr の楽譜の場合はト音記号の隣に
#や♭は付きませんので(注:シューベルトの場合の話です)
合奏中に「A-dur になる所から」と言われても「???」
となる事があります (;^^)
・・・そう言われれば他の所よりも「ミ」(E) や「ラ」(A)
の音の割合が多いかな? その位の認識です 

オチが無い話でどうもすみません m(_ _;)m

続きを読む
posted by トトロ △◎/ at 21:02| Comment(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする