2016年01月11日

タイプライター(L.アンダーソン)

2月28日開催のスプリングコンサート
曲目紹介第2弾です
・・・今回も間違いなく話が逸れます (^^;)

Wikipediaによる曲目解説はこちら
作曲者(ルロイ・アンダーソン)の紹介はこちら

今回、当団ではこの曲の演奏にあたって
本物のタイプライターを使用します
DSC_0956.jpg

パソコンの普及した現在では、紙に文字を印字する方法としての
タイプライターの役割は99%終わってしまいましたので
(英文においてはカーボン複写が必要なケースに限定されました)
タイプライターという曲名が通用するのかという心配はありますが
L.アンダーソンの名作と言っても差支えないと思います (^^;)

タイプライターそのものは使われなくなりましたが
パソコンのキーボードの「qwerty配列」に残っています

この曲では曲中の所々でベルが鳴るのですが
ベルが鳴るにはそれなりに意味がありまして、

タイプライターには1行に印字できる範囲が決まっているので
単語の途中で文字が打てなくなるのを防ぐよう改行を促すため
ベルが鳴るようになっています。

ですから
実際には「文字を打つ」⇒「ベルが鳴る」⇒「文字を打つ」⇒「改行」
という場合と ベルが鳴らないうちに「改行」というのがありますが
「ベルが鳴る」が連続するような事はないと思います (^^;)

今回の演奏で使うタイプライターではベルが付いていない(?)ので
ベルは別モノなのですが、打楽器の人数が限られてますので
こういう手(足)を使います (^^;)

DSC_1687.jpg

また、この曲に限らず普通ヴァイオリンは1stと2ndに
分かれているのですが、当団ではこの曲と「フィドル・ファドル」では
ヴァイオリン全員が1stのパートを弾きます。その点にもご注目ください。

いつもながら取りとめのない話でした。
 
posted by トトロ △◎/ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

ワルツ「加速度円舞曲」(J.シュトラウス2世)

来年2月28日開催のスプリングコンサートの
曲目解説第1弾として今回この曲を取り上げます。

img134a.jpg

いつものようにWikipediaによる曲目解説はこちら
作曲者J.シュトラウス2世についての解説はこちら

で、Wikipediaには
「初演は1860年の2月14日に、ゾフィエンザールにおいて催された
技術者舞踏会で行われ、作品はウィーン大学の技術学生に献呈された」
引用終)

そのくらいしか書かれていないので今回も話が逸れそうです(^^;)

以前の「美しく青きドナウ」の解説でも書きましたが
作曲された時代が日本で言えば幕末〜明治維新の頃にあたり
この時代は激動の時代だったといえます
ちなみに作曲された1860年でいうと日本では桜田門外の変
井伊大老が暗殺された年であり、アメリカではリンカーンが大統領に
当選、その直後に南部諸州が独立宣言して翌年に南北戦争が始まります

その一方で、科学技術の発展も進んだ時期であり
(悲しいことに戦争がこの時期の進歩に大きく寄与している)
吉澤先生とFgのFさんが大好きな鉄道も1830年に英国で
世界初の蒸気機関車による旅客鉄道が出来て以降、
公共交通機関として鉄道が欧州各地で建設されるのでした。
参照サイトはこちら

「加速度」というと私自身大学の専攻が物理学でしたので
どうしても a = dv/dt の数式から離れられないのですが (^^;)
速度が時間とともに変化するという意味で、要所要所で
テンポを速めていくところは曲名にピッタリだと思います。

話題を変えて、Wikipediaの解説に書かれていた
「ゾフィエンザール」に注目すると2001年までウィーンに
実在したホールで1950〜80年代にかけてはウィーンフィルの
レコーディングにも使われていた所だそうです。
(参考サイトはこちらこちら

それにしても「技術者舞踏会で行われ」とありますように
当時は色々な職業の集まりが「舞踏会」というのも
ウィーンらしいのかなと思いました (;^^)

いつものように取りとめのないない解説になりました。
また来年もご愛読のほど宜しくお願いいたします m(_ _;)m
posted by トトロ △◎/ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

ハンガリー舞曲第1番(ブラームス)

今回の定期演奏会の曲目紹介も最後の1曲となりました

いつものように詳しくはこちらを参照ください(#おいおい)

ブラームスが所謂「ジプシーロマ)音楽」を基にして
ピアノ連弾用に編曲した作品集の中の今回演奏するのは第1番になります。

有名な第5番・第6番(ともに当団の演奏会でもよく演奏します)は
管弦楽編曲がブラームス本人ではないのに対して
今回の第1番はブラームスご自身が管弦楽用に再編曲した作品になります

で この稿で私が注目したいのは「編曲」ということです

簡単に言うと、メロディを作るのが「作曲」で
メロディに伴奏を当てるのが「編曲」です。

メロディと伴奏を一緒に「作曲」する事もありますが
メロディを基にして聴きやすいようにお膳立てする作業が
編曲ということになります

最初のリンクの記事にもある通りブラームスがレメーニという
ハンガリー出身のヴァイオリン奏者と演奏旅行した際に
レメーニから教えられたロマの民族音楽を基にして
ブラームスがこの作品(ハンガリー舞曲集)を発表しました。

この舞曲集がとにかく売れまくったので、レメーニは盗作であると
ブラームスを相手取って訴訟を起こしたそうですが、
ブラームスは自分の作曲ではなく編曲であると主張していたため
ブラームス側が勝訴したとの事です。

後に、ブラームスはドヴォルザークにアドバイスして
ドヴォルザークは「スラブ舞曲集」を発表するのですが
こちらは特徴を取り入れただけでオリジナルであるということで
「作曲」となっています (^^;)

ところで、ハンガリー舞曲第1番にはブラームス自身による演奏の
録音が残っているそうです。(こちらを参照
1889年12月にトーマス・エジソンの発明した蓄音器により
録音してこれが史上初の音楽家によるレコーディングということだそうですが

・・・演奏が判別できません (;−−)

ともかく、この曲がハンガリー出身のヴァイオン奏者に
由来していることもあり、弦楽器群には重厚なサウンドを
要求する編曲となっているように思います。 (^^;)
 
posted by トトロ △◎/ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

交響曲第9番「新世界より」(ドヴォルザーク作曲)その2

(その1)より続く

当初「第1楽章と第4楽章の各楽章の解説」を書くつもりでしたが
少しばかり路線変更します (^^;)

この交響曲に関しては2番フルートのソロとか
第4楽章に小さく1発しか出てこないシンバル
第2楽章に2ヶ所で合わせて10小節しか出てこないチューバ
(他の楽章はチューバの出番なし)
など謎の記述が随所に見られるのですが 
第4楽章の最後の音もある意味「謎の記述」と言えると思います(^^;)

交響曲の終わり方として
大雑把に分けると次の3つに分けられます

(1)華々しく音を切る終わり方
・・・ベートーベンの交響曲に多くみられます(第九など)
他にはチャイコフスキーの5番やマーラーの1番・5番、
シベリウスの5番、ドヴォルザークの7番・8番 など

(2)華々しく音を伸ばす終わり方
・・・ブラームスの交響曲(3番以外)、サン=サーンスの「オルガン付」
シベリウスの2番、チャイコフスキーの4番、シューベルトの「グレート」
ベルリオーズの「幻想交響曲」 など

昨年当団で演奏したショスタコーヴィチの5番は管弦共に伸ばしている中
打楽器で音を切って終わるので(1)と(2)の中間型ともいえます

(3)静かに消え入るような終わり方
・・・ブラームスの3番、チャイコフスキーの6番
他にもあると思いますがちょっと思い当たりませんでした(^^;)
なお、ベートーベンの「田園」も静かに終わる部類ですが
最後の2つの音だけff表記なのでここに含めてよいのか迷うところです

で、「新世界」なのですが

第4楽章の最後はfffのイケイケで進んだあと
Trbと弦楽器・ティンパニは4分音符で切って終わりますが
それ以外の管楽器は吹き伸ばすもののfffからpppへディミヌエンドする
(余韻を残す??)終わり方なので上述のどれにも当てはまりません

この余韻の残し方がいつも迷うところです(^^;)

演奏してみて気が付いた点としては
上でも書いている「10小節しか出てこないチューバ」にもあるように
たとえffであっても必要以上に楽器の音を重ねないところがあると思います

ホルンにおいても4人奏者がいるからホルン4本使えば良いと思われる
ようなところでも2本だけしか使わない(他の2本は休みであってもです)
そういう使い方をしています。ドヴォルザークの傾向でしょうか?

いつもながら取り留めのない解説になりました (^^;)
 
posted by トトロ △◎/ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

交響曲第9番「新世界より」(ドヴォルザーク)

今回の定期演奏会のメイン曲の紹介になります
例の如く一般的な曲目解説はこちらを参照ください
また、作曲者ドヴォルザークの紹介はこちらを参照ください

私の通っていた大学が大阪にありましたので私にとって
「新世界」と言えばこちらの方が馴染深いのですが
ここで言う「新世界」とはアメリカ合衆国の事です。(^^;)

ドヴォルザークがニューヨークのナショナル音楽院の院長として
招聘されていた期間に作曲された作品の一つで、
(他にもチェロ協奏曲や弦楽四重奏曲「アメリカ」などもあります)
今回は演奏しませんが「家路」のメロディで有名な第2楽章も含め
比較的分かりやすい曲想を持ちますので、ベートーベンの「運命」や
シューベルトの「未完成」と共に「三大交響曲」と呼ばれます 

年末にベートーベンの「第九」が演奏される機会が多いのですが
この「新世界より」は年明けの演奏会に演奏される事が多いように思います

今回の演奏会で演奏する第1楽章と第4楽章の各楽章の解説を
次の機会に書きたいと思います。(その2へ続く)
 
posted by トトロ △◎/ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする